Gmail登録方法

Gmailとは、Googleが無料で提供しているメールサービスの事であなたが日常的に使っているE-mailとは全くの別物なのです。

GmailとE-mailとの違いは以下の通りです。

  1. E-mail はブロバイダから渡されたアドレスが一つですがGmailは、複数のアドレスを修得することが出来る。
  2. E-mail はパソコンにソフトをインストールしなければならないがGmail は、最初の登録だけですぐに使用することが出来る。(パソコンだけではなくスマホから登録することも可能)
  3. Gmail は、迷惑メール等の振り分けを自動で行ってくれるので操作する手間がない。(必要なメールもたまに迷惑メールに振り分けられます。)
  4. E-mailは取り込んだツールでないと閲覧することが出来ないが、Gmailはアドレスとパスワードを入力するだけで他のツールからメールの確認をすることが可能

大きく分けてこの位でしょうか?

 

このブログを見られている方は、アフィリエイトに関しての情報が欲しいと思いますがASPに登録を行うと様々な広告のお知らせが来ます。

その為、前にもお伝えしましたが日常的に使われているメールをそのまま使うと必要なメールが埋もれてしまう可能性がありますので、Gmailにて専用のアドレスを持った方が管理や効率の面で便利なのです。

Gmail登録(PCの場合)

まず、下のバナーからGoogleのページへ行きます。

 

 

バナーをクリック後、下の画面が出てきます。

  1. 姓(名字)と名(名前)を入力  (gmail 上にて名前が表示されます。)
  2. ユーザー名を入力(gmailのアドレスとなり8文字以上にての入力が必要な上、1文字はアルファベットを入れなくてはなりません。)
  3. パスワードを入力(日頃使っているパスワードでは、危険性がありますので専用のパスワードを作るのがベストです。)
  4. パスワードを再入力(3.で入力したパスワードの確認です。)

パスワードに関しましては、コピーペーストで行うとエラーが出る可能性があるので、めんどくさいが手入力にて行ってください。

上記の項目以外にも、生年月日と性別を入力する必要があり性別については(回答せず)と言う選択があるので、回答したくない場合の項目もあります。

ここまでの入力が終われば(次へ)をクリックしてください。 

上記にの画面になりましたら、一番下にスライドし(同意する)を選択。

画面が1番目に戻る場合がありますが、ユーザー名を他の人が使用しており再入力が必要です。

(パスワードも、もう一度入力してください。)

 

上の画面が表示されましたが、登録完了です。

 

Gmailの登録方法(スマートフォン)

スマートフォンには、Gmailのアプリがすでに入っている場合が多く、そのアプリから登録を進めると作業の短縮化を図ることが出来ます。

アプリを起動後、アカウントの追加をタップ

タップ後、下の画面が出てきます。

ここでは(新しいアカウントを作成)をタップ

電話番号やメールアドレスを入力する項目がありますが、入力しなくても進む事が出来ます。

 

上の画面が表示されましたら、PC の時と同様に名前を入力してください。

入力が終わりましたら(次へ)をタップ

 

上の画面が表示されましたら、PC 同様に生年月日と性別を入力(性別に関してはPC 同様に回答せずがあります。)

終わりましたら(次へ)をタップ

 

上の画面が表示されましたら、ユーザー名を入力してください。

ここの注意点は、(gmailのアドレスとなり8文字以上にての入力が必要な上、1文字はアルファベットを入れなくてはなりません。)とPCの時と同じです。

入力が終わりましたら(次へ)をタップ

 

上の画面が表示されましたら、パスワードを入力してください。

この時の注意点は、(日頃使っているパスワードでは、危険性がありますので専用のパスワードを作るのがベストです。)とPC と同じです。

下のパスワード確認は、コピーペーストではなく手入力にて行ってください。

入力が終わりましたら(次へ)をタップ

 

上の画面は、登録されている電話番号を使用して自動的にアドレス等を登録するかを聞いていますので(スキップ)をタップ

 

上の画面が表示されましたら、一番下にスライドし(同意する)をタップ

上の画面が表示されましたら登録完了です。

まとめ

この様に、登録自体は4ステップ位で終わります。

説明で沢山書いていますが時間的に5分程で完了しますので、『これまで、使ったことがない』と言う方は一度登録することをオススメします。

あまりの使いやすさと、とても無料とは思えない機能性にきっと驚く事でしょう。

登録方法は以上で終わりますが、作ったけど間違えたので削除したいと言う方のために、アカウントの削除方法を次回に書い

て行きます。

長時間、閲覧していただきありがとうございました。